ヤフオク


前にも何回か書いたとおり、私はヤフオクにF1のチケットを出品していました。
9月後半から自分が出そうと思っていたチケットはトヨタが「More than challenge!」とかいうキャンペーンで配布していたところと同じ場所だったらしく、一時期出品数が150を超えるという、絶望的な状況に陥っていました。
もちろん売買価格も定価以下は当たり前、下手すると半額というのもありました。
これはあかんということで作戦を立てました。作戦名は「そして誰もいなくなった」。
つまり、締め切りをレース開催ギリギリにして、ライバルが少ない中でやってみようという考えです。
ただ、そうは言っても数は少なくなったものの、自分より好条件に見えるチケットもあったのでなかなかむずかしいなあと考えていました。
そうしたら、まだ締め切り前でしたが希望落札額で落札してくれる人が1人出ました。神様のように思えました。
あと1枚はなかなか値段が動きません。締め切り1時間前になってもまだ動かないのであきらめかけていると、そこから怒濤の入札が始まりました。
特にラスト5分の動きは緊迫感があり、競馬でも見ているかのようでした。
結果はなんとか損はせずにすみました。
でも入札と違って出品は本当にどきどきしますね。なんかまたやってみたいかも・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です