戦争とヘビメタ


さっきブログを更新したばっかりなんですが、ちょっと面白かったんで、連続掲載です!
米、ヘビメタ攻撃 武装勢力に効果!? 大音響で「精神的苦痛」らしい(産経新聞)

 【ロサンゼルス=岡田敏一】イラクのファルージャで戦闘中の米兵が、軍用車などからメタリカやAC/DCといったヘビー・メタル・バンドの曲を大音響で鳴らし、イラク武装勢力に精神的な苦痛を与えるという心理作戦を展開している。メタリカのメンバーは米のラジオ番組に出演した際、この作戦について「文化が違うので、武器になるのだろうか…」と困惑まじりのコメントを述べた。
 米音楽系メディアなどによると、この“メタル攻撃”は今春ごろから始まった。イスラム文化圏にはヘビー・メタルやハード・ロックといった音楽がなく、アラブ人にとってはこれを大音響で長時間、流されるとかなりの精神的苦痛になるという。その一方、米兵には戦場で士気を高めるのに大きな効果がある。
 豪州出身の大物メタルバンドAC/DCや米国のメタリカをはじめ、レッド・ツェッペリンやジミ・ヘンドリックスなど、一九六〇年代から八〇年代に活躍したハード・ロック・バンドの曲もひんぱんに流されるという。
 楽曲を使われている当事者のメタリカのボーカル兼ギター担当、ジェームス・ヘットフィールド氏(41)は今月初め、出演したラジオ局で「米国でも、この種の音楽が好きな人たちの家族にとって、一日中聴かされるのは拷問のようなものだけど…」などと話した。

誰が考えたのか知りませんが、うけました。特にメタリカのボーカルにインタビューに行ってしまうところと、そのインタビューの中で本人が「米国でも、この種の音楽が好きな人たちの家族にとって、一日中聴かされるのは拷問のようなものだけど…」と答えているところは笑えます。ああ、わかっていたんだ、この人たちもって。
そういえばバックトゥーザフューチャーの第1作目で、マイケルJフォックス扮する少年が1950年代の自分の父親に言うことを聞かせる際、寝ている父親にヘッドフォンを付けヘビメタを流して驚かせたシーンを思い出しました。米軍も現地の人たちにとって、どんどん悪魔路線をとっていますね。
もっとも自分だったらハードロックもヘビメタも好きなんで拷問どころかもっとやってくれと。
殺伐とした戦場で大まじめにやっている作戦でしょうが、そういったところに笑いのツボが転がっていたりするんですね。
でも小田原でどんちゃん騒ぎをした秀吉じゃないですけど、強行殺戮を繰り返すより、精神的苦痛で降伏でもしてくれる方が、結果的にはいいんですが・・・。それぞれが己の信じる正義と正義のぶつかり合いほどむごいものはないですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です