楽天の有望若手投手について


今日こんなニュースが。
楽天・一場が結婚、来夏パパに (サンケイスポーツ)

 楽天は23日、明大から自由枠で入団した一場靖弘投手(22)が結婚すると発表した。一場は24日に婚姻届を出した後、仙台市内の球団事務所で記者会見する。
 お相手は群馬県在住の専門学校生、須藤芽衣子さん(22)。来夏には第1子が誕生する予定という。

自分の考え方が古いのかも知れません。自分はそんな立派な人間でもありません。
でもこの投手の考え方に違和感をおぼえてしまいます。
ドラフト前の裏金事件からどうも違うと思っていました。
もちろんお金を渡そうとした人たち、金権体質なプロ野球界にも大きな問題があるのでしょう。但し、本人がお金を受け取らなければ何も起らなかったのも事実です。それがルール違反だったのも事実です。また、その結果いろんな人たちの人生に影響を与えてしまったのも事実です。秋の六大学リーグ戦で元チームメイトたちに迷惑をかけたのも事実です。
なのに、周りの論調は「若い人の可能性を摘んではいけない」「彼以上にまわりに問題がある」??
彼はもう22歳の立派な大人のはずです。成人しているはずです。成人するとは自分が自由に行動できる一方、自分の行動には責任を持つと言うことではないでしょうか。なのに、なぜ彼自身の判断を問うようなことはしなかったのか?
記者会見でもちょこっと反省の弁を述べた後は、野球をやりたいとの弁。周囲へ迷惑をかけたことへの反省は言ったのかも知れませんが、ほとんど言わず。
入団するときもきっちり契約金は満額もらう。
そして今回のできちゃった結婚。
昭和53年俗に言う「江川事件」が起こったとき、マスコミはどんな対応をしましたか?少なくとも今回よりよっぽど純粋に江川投手は動いていませんでしたか?なのに彼を自分勝手で傲慢といったイメージで報道していませんでしたか?今回はなぜこうもこの有望投手に対して好意的というか、何も言わないのでしょうか?
私はこの投手を認める気にはなれません。野村監督ではありませんが「野球人である前に一社会人であるべき」という観点から見て、あまりにもかけ離れているように思えます。このまま放っておくことがこの人の人生にとっていいとは思えません。
また、そういったことを言わないマスコミ、そして周囲の人たち(明大関係者、楽天関係者、その他)にも大きな疑問を感じます。
なんだか今の社会の縮図みたいですね。子供は全て正しい、間違えているのは大人たちだみたいな論調で。
ネバーランドみたいです。


“楽天の有望若手投手について” への3件のフィードバック

  1. 楽天の一場投手が結婚、24日に婚姻届

    楽天は23日、明大から自由枠で入団した一場靖弘投手が結婚すると発表した。一場は24日に婚姻届を出した後、仙台市内の球団事務所で記者会見する。
     お相手は群馬県…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です