サンタクロースの思い出


コネタマ参加中: “サンタクロースの思い出”を聞かせて


もうすでにクリスマスのエピソードで書いてしまったなあと思っていたのですが、もう一つ思い出しました。
なにかは忘れましたがとってもほしいプレゼントがあり、それを母親に相談したところ、じゃあサンタクロースに電話しようと言うことになりました。で、電話したら何だか訳のわからない言葉で話され、困ったので母親に代わったところ、スムーズに話が通じました。
やっぱりうちの母親はサンタ語がわかったのでしょう。
ちゃんと希望通りのプレゼントがクリスマスに届けられました。
やっぱりこういう思い出がいろいろあるというのは、本当に感謝したいことですね。


「サンタクロースの思い出」に2件のコメントがあります

  1. うちは早いうちにサンタの正体が解っていた気がします・・・
    でもウチの両親はプレゼントを選んで贈るのを楽しんでいたのではないかな?と思うとそれもいい思い出です。
    今年はウチのカミサマのところに黒須三太という黒い着物で和風なサンタが来ました(笑)

  2. げんきさん
    コメントありがとうございます。
    どんな人なんだ「黒須三太」さんとは?
    是非見たいです!!
    本当にほのぼのしていますね[E:catface]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください