WBCと精神力と今日の見どころ


さあ、そろそろ本当に出る時間なので、最後によく言われていることについて。
今日はいよいよ日韓戦ですが、よく出てくる言葉の中に「韓国の方が精神力が強い・根性があるから、日本は苦戦する」みたいなものがあります。
戦い抜いた最後にその言葉を戦った本人たちが実感したのならそれもそうなんでしょう。例えば北京五輪の後の宮本選手のように。
但し、最初からそこをあげて評論するのはいかがなものかと。
それでは「我が軍の方が戦力は劣ってはいるが、金甌無欠の歴史の元、大和魂の精神力によって敵軍を撃滅すべし」とやった旧日本軍と同じ発想ではないですか。
大体ここに揃っている選手たちは北京五輪の時に流れていたCMではないですが「彼らは人より努力することの大切さを知っている選手」たちなのです。この前負けたのは技術がうまいけど精神力の無さで負けたのではない。ただ、技術的に負ける部分があったから負けたのです。
なので、それよりも孫子ではないですが「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と思うのです。で、自分なりに考えている今日の試合のポイントを。
A:今回の日本チームは、機動力に富んだオーダーを組めます。なのであればいかにその機動力を活かしていくか。
B:また韓国チームとの試合はいつも終盤に得点を上げたチームが勝利を収めています。であれば、
1)どうやって終盤に点を奪うか。これこそ打席で粘る、出塁した後の走塁、相手バッテリーへのプレッシャーのかけ方が大事になってくると思います。
2)韓国の終盤の打線をいかに抑えていくか。彼のチームは内角の球は敢えて体を寄せ当たりに来て、外角を踏み込んで打つといった形を徹底してきます。であるとなかなか横の変化をギリギリの状況で使っていくというのは並大抵ではないでしょう。であれば縦の変化。これこそが重要です。具体的には馬原、藤川、そしてマーくんあたりが7-9回に登板するのだと思いますが、いかに縦の変化を有効に使うか、マーくんなら縦のスライダー、馬原・藤川ならフォークボールの使いどころですね。
球場ではそんな点に注目しながら、観戦してきます。
頑張れ!日本チーム。絶対勝つぞ!日本チーム。[E:happy02]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください