平成21年東京六大学野球秋季リーグ 慶早戦 一回戦 観戦記1


うるし・ばやし世代の最後の慶早戦、そして慶應のユニフォーム姿となる対戦がやってきてしまいました。時の経つのは早いものです。
試合前の練習でもファーストのポジションで湯浅君が一生懸命守備練習に取り組んでいました。彼の勝負強いバッティングに何度喜ばされたことか。最後の最後まで気持ちを入れて練習している姿にちょっとほろっときていました。
_002
また高尾君もファーストミットを付けながら、一生懸命練習しています。もしかしたら来年の1塁のレギュラーかもしれませんね。
_001
さて、今季はいろいろと新しい試みもなされていて、その一つが早慶賛歌の時にスコアボードに歌詞を映し出すというもの。これはいいですね!やはり球場全体で歌いたい曲ですから。実際、歌声が心地良く響いていました。(もっとも優待席に座っていたからそう感じたのかも知れません。)
_003
我々が来たのは、そう、打倒早稲田のためであるのです。
_004_2
きっとユニコン君も助けてくれることでしょう。
さて、いよいよ試合開始です。
_006
キャプテンうるし、副キャプテンばやしも丁寧に審判の皆様にお辞儀。
_007
早稲田のスタンドの入りは、優勝がかかっている割には少ないような気がしました。勿体ないなあ。
_008
さて、1回の表、中林君は先頭の松永君を出します。続く宇高君がバントの構え。漆畑君も相当前に構えていましたが
_009
あっさりと1塁側にバントを決めます。ここら辺はさすがです。その後の土生君を四球で出して、イヤなムードが漂い始めますが、つづく山田君を三振に仕留め流れに乗り、この回無得点に抑えます。立ち上がりの中林君のフォームです。
_010
_011
_012
_013
_014
_015
一方の早稲田の斎藤君。慶早戦の初戦で中林君と投げ合うようになって4季目ですが、今まで確か全てやられているような気が・・・。今回も1回の裏は三者連続三振と見た目は上々の立ち上がり。
では、斎藤君のフォームです。
_017
_018
_019
_020
_021
_022
_023
_024_2
_025
_026
でもなんだか右足に体重が乗り切っていないし、突っ立って投げていますよね。
2回以降、中林君は今までと違った姿を見せてくれました。ストレート系でも140km/hオーバーは殆ど無いのですが、初球のストライクが面白いように取れていました。今まで、プロに行くのだからきわどいコースに投げなくてはと思っていたのかも知れませんね。でもそれでカウントを悪くするよりは、しっかりと初球ストライクを取っていく方が余程大事なのだと思います。その結果が2回から中盤までの安定したピッチングに繋がっていたような気がします。
_027
_028
_029
_030
_031
_032
_033
_034
_035
_036
そして試合は4回表まで両チーム無得点で進みます。斎藤君は相変わらず突っ立ったフォームのまま投げ続けます。
_037
_038
_039
_040
_041
_042
_043
_044
そんな斎藤君を1死後、4番伊藤君が捉えます。
_045
_046
_047
鋭く振り抜いた打球は右中間をやぶります。
_048
_049
_050
伊藤君は一挙3塁に到達。1死3塁と絶好の先制チャンス!
ここで早稲田の應武監督が出てきて、3者会談。こういうところに、去年までの早稲田との違い、すなわち「細山田不在」を感じます。
_051
さて、その後を打つのは小野寺君。しっかりと振り抜き見事先制ヒット!塾野球部が1点を先制します。
_052
_053
_054
_055
続く湯本君が四球で歩きます。本当に今季の斎藤君は四球が多いですね。そして続く山本君は追い込まれた後、伝家の宝刀低めスライダーに手が出て三振。と思いきや捕手が後逸していたため懸命に1塁に走り込みセーフ。振り逃げが記録されます。
_056
_057
_058
_059
斎藤君も苦しいピッチングが続きます。
_060
そこで長﨑君がライト前にヒットを放ち、1点追加。
_061
_062
_063
続く中林君もきっちりセンターにボールを運び、見事犠牲フライ!3-0とリードを奪います。
_064
_065
_066
なおも2死12塁。打順が先頭に返り、一番漆畑君が打席に。自打球が自分の足に当たりかなり痛そうです。
_067
そんなアクシデントにもめげずにライト前にヒットを放ちます。
_068
_069
2死ですし、2塁走者は山本君のため、当然の如く本塁に突っ込ませます。
_070
_071
_072
_073
_074
_075
しかし、ここは杉山君の素晴らしいブロックもあり、間一髪アウト。4回裏は3点に終わります。そしてこの回で斎藤君は降板します。塾野球部が優勢な形で試合を進めることになりました。
続きは、新しい記事で書きます。


「平成21年東京六大学野球秋季リーグ 慶早戦 一回戦 観戦記1」に2件のコメントがあります

  1. 初会の3者三振で、斎藤君は打てない、
    みんな、そう思った。
    その重苦しさを打ち破ったのは伊藤君の目の覚めるようなライナー、
    そして一気に3塁への走塁。
    頼りになる4番です。

  2. 文武両道さん
    コメントありがとうございます。
    そうですね!伊藤君はスイングスピードも速いし、ベースランニングも上手いので、あっという間に3塁に到達したかのように感じました。1学年上に対してもまったく物怖じをしていないところも好感を持てますよね。
    だからこそ、左右の大砲と言うことで青山君の復活を・・・!
    あっ、でも山口君も高尾君もいますね。来年も楽しみな打線です[E:happy01]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください