あたたかいメッセージありがとうございます。


取り敢えず近況をお伝えしておこうと思って愚にもつかぬような記事を投稿したところ、ありがたいことに14件ものコメントを頂戴しました。本当にありがとうございます。
昼間に近くの診療所に行ったところ、判定薬を使わずにのどのあたりと首を触診し、のどを見て、聴診器をあて、これはインフルエンザではないから安心してくださいと言われました。その上で若い人は仕事があるだろうから、強めの薬を出しておきますと言われ、お薬をいただいて帰宅しました。
しかし家に帰りおとなしくずっと寝ているのに、熱は下がるどころか上昇しており、現在38度です。
明日の朝、熱が下がらないようならもう一度行かないとなあと思うと、ちょっと憂鬱ですね。
なんとか早く回復というか仕事せねばという気持ちと、そうは言っても無理は禁物だなあと思う気持ちとの間で、葛藤しています[E:coldsweats01]
皆様も繰り返しなりますが、どうぞご自愛くださいませ。


「あたたかいメッセージありがとうございます。」に4件のコメントがあります

  1. 喉が腫れている場合、喉の炎症による発熱→細菌感染と診断(=インフルではない)、となるケースが多いようですね。
    でも、私も喉が腫れていたのですが、検査をしたらインフルでした。
    (尤も、熱が出てから時間が経っていないと、検査をしても陰性となってしまうことが多く、確定は難しいようですが。)
    細菌感染なら普通は抗生剤が処方されますが、ウィルスには抗生剤は効きません。
    但し、インフルならタミフルやリレンザがよく効きます。ただ、48時間以内に服用すべきとされていますので、やはりインフルの検査はしていただいた方がよいのではないでしょうか。ものの10分で結果が出ますから。
    どちらにせよ、数日はかかるものと覚悟なさって、しっかり休養なさることをお勧めします。
    どうかお大事になさってください。

  2. 果報は寝て待てといいますが、病気もそうです。
    ちなみに、水分補給は重要です。私の母方の祖母の行きつけの先生が、ポカリはとてもよいと昔教えてくれたそうです。先生…内藤洋子さんの父上でもあり、喜多嶋舞さんの叔父様でもある。

  3. あごらさん
    コメントありがとうございます。
    実は自分は最初のお医者さんでは、喉が腫れていないのでインフルエンザではないという見立てでした。やはりそのときの体温37度5分という数字もそう思わせてしまった原因のひとつかなあとも思っています。低温でもインフルエンザはありえるという記事も読んでいたのですが、先生もそう言っているし、1日くらい良いかなあと思ったのがいけませんでした。その日の夜は熱が上がってしまい、殆ど寝付けませんでしたから。やはり、検査は要求するべきですね。
    それにしてもタミフルって、本当によく効くんですね。服用したらそれこそあっという間に熱が下がり、関節痛も和らいだので驚きました!
    こちらのコメントで、もう一度行ってしっかり検査してもらおうとか、週末まで休むのも止むなしと思えるようになりました。本当にどうもありがとうございました。

  4. 黄色と黒は勇気のしるし♪さん
    コメントありがとうございます。
    結局まさに果報は寝て待てでした。ポカリスエットは、確か生理食塩水をなんとか一般に売り出せないかと考えたところから生まれた商品ですよね。そりゃあ、病気の時は体に良さそうです。点滴は何かというと、大塚製薬の生理食塩水が多いですから。
    そんなわけでポカリ等のドリンクもたくさん飲んだおかげで、それほど長引かず快復することが出来ました。
    本当に素晴らしいアドバイス、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください