平成22年度大学野球選手権準々決勝対中央学院大戦の写真


続いては、中央学院大戦の写真です。

[準々決勝] 6/10(木) 14:00 神宮球場 第2試合 慶應義塾大学6-0中央学院大

慶大は3回湯本の適時打で先制すると、その後4長打を含む11安打を放ち6点のリードを奪った。守っては3投手の継投で中央学院大を散発の4安打に抑え零封。投打かみ合った試合運びで快勝し準決勝に駒を進めた。 (From 東京六大学野球HP

○先発の山形君の投球フォームです。常に体重を前に掛けていけると、もっと安定しそうですね。この日の山形君は適度に力も抜けて、いい球を投げてくれていました。
_dsc2658
_dsc2659
_dsc2660
_dsc2661
_dsc2662
_dsc2663
○6回表、2死12塁とピンチを迎えていましたが、3塁ゴロを伊場君が冷静に処理し、自ら3塁ベースを踏んだところです。彼の動じていないような雰囲気は、味方を落ち着かせてくれますね。
_dsc2664
_dsc2665
○6回裏、攻撃に入る時に3塁コーチの田村陽君が打者に声掛けしています。
_dsc2667
○6回裏、先ほど守備でいいところを見せた伊場君が先頭打者で登場。相手が投手交代してすぐの、2球目(ファーストストライク)を積極的に打ち、レフト前ヒットを放ちます。
_dsc2670
_dsc2671
_dsc2672
_dsc2673
_dsc2674
○ここで代走新谷君が出た後、次打者の長﨑君が初球、きっちりと送りバントを決めます。
_dsc2682
_dsc2683
_dsc2685
○ランナーが2塁に行ったことでポジションを替えた田村陽君。
_dsc2699
○続く辰巳君が四球を選び、1死12塁。次の渕上君が0-2となった後の3球目にランエンドヒットをかけます。がライト方向にフライが上がります。ここで田村君、急いでセカンドランナーをセカンドに戻させた後、タッチアップをさせます。ポジション取りもよりレフト方面になり、野手と被ることなく、2塁走者も安全に(?)スライディング!結果的に得点には繋がりませんでしたが、いい走塁だったように思えました。
_dsc2718
_dsc2719
○続く7回裏、2死2-0からの連続四球で2死12塁のチャンスを掴むと、途中出場の山﨑君がタイムリー2塁打を放ちます。
_dsc2847
_dsc2848
_dsc2849
_dsc2850
_dsc2851
○2アウトということもあり、思い切りよく1塁ランナーの竹内君も本塁へ!一挙2点を獲得します。
_dsc2853
_dsc2857
○7回表から登板した金子君のフォームです。スライダーがよくきれていました。
_dsc2891
_dsc2892
_dsc2893
_dsc2894
_dsc2895
○8回裏、先頭打者の辰巳君がレフトへの2塁打で出塁。立教戦の時は雰囲気に呑まれていた印象でしたが、この試合ではしっかりと重心を据えて、いいバッティングをしていましたね。
_dsc2901
_dsc2902
_dsc2903
_dsc2904
_dsc2905
○この時も落ち着いて2塁でランナーを止めているコーチの姿。
_dsc2906
○9回表は、4年生バッテリーで締めることに。塾野球部ブログでおなじみの松本君が捕手。
_dsc2953
○投手が田中君。この日も落ち着いた投球でした。簡単に2アウトを取り、最後のバッターも投手ゴロに。
_dsc2968
_dsc2969
_dsc2970
_dsc2971
_dsc2972
_dsc2973
_dsc2975
○見事、塾野球部が準決勝進出を決めた試合でした。インタビューを受けたのは江藤監督と湯本主将でした。
_dsc2981
_dsc2984
_dsc2985


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください