ワールドカップ対デンマーク戦の勝因とは?


今日は延々と繰り返し放送された日本対デンマーク戦。何回か見ているうちに、日本の勝因が見えてきました!
まずはデンマークの選手たちです。
Teamphoto_denmark
おや?この色使いはどこかで見たような・・・。えんじっぽい色に白い三本線・・・。
おお、そうだ!あそこの学校だ!
翻って日本の選手たち。
Wca1006250915015p2
首元をよく見ると・・・、ブルー、レッドアンドブルー!!やはりどこかで見たような・・・。
おお、そうだ!我が母校ではないですか!
そう言えば、ちょうど5月の末日に前哨戦で同じ色使いのチームが神宮で対戦し、そしてブルー、レッドアンドブルーのチームが勝っていました!
なるほど。その頃からラッキーカラーは変わらず、日本の勝利が約束されていたのでしょう!!素晴らしい!!
あれ?でも、確か監督の出身校は・・・[E:coldsweats01]
(ちょっと悪のりしてみました。神宮通いさんの験担ぎのコメントを読んだときに、ふと思いついたのです[E:sweat01]
くだらない記事で申し訳ないです)


「ワールドカップ対デンマーク戦の勝因とは?」に7件のコメントがあります

  1. ノルウェー-早稲田は私も感じていました。
    ピッチ上の選手はさすがにビミョーに違うと思いましたが、
    控え選手が映ったときはアディダス全面のグランドコート姿を見て
    「おつ、ワセダ!」と。

  2. 黄色と黒は勇気のしるし♪さん
    コメントありがとうございます。
    そうです。監督は早稲田出身ですよね。でもサッカー協会の中での早稲田の人同士のつながりって強そうですね。
    ああいった予言の類って話題になった途端ダメになるような気がします。今回も・・・[E:coldsweats01]

  3. 神宮通いさん
    コメントありがとうございます。
    そうなんですよね、本当はグランドコートの方がよく似ているんですよね。ただ、雰囲気が出ないなあと思って、ユニフォームの方にしました。
    やはり、そう見えますよね!

  4. mayarikuさん
    お初のコメントですよね。ありがとうございます!なんだかいつも見て頂けているようで、恐縮です。取るに足らない駄文が多いかとは思いますが、今後ともよろしくお願いします。
    さて、ご紹介頂いたページ、興味深く読ませて頂きました。
    自分がよく思うことと近いことを結構岡田監督が話されていて、とても共感していました。小学生の子がメンタルの件で相談してきた時の答えは、自分もよく使う言葉なんです。「自分がどうにもできないことに対して心配してもしょうがない。今できることにベストを尽くそう!」と。
    最近違う場所で話題になっているようですが、「華の慶次」というマンガで盛んに「死人(しびと)」についての話しがありました。今日ここで死んでもいいように、またはすでにもう自分は死んだ身と考えて、今の目の前の事象に全身全霊を賭けて取り組むというなんですが、それもまた影響を受けていて、今回のインタビューで同じようなことを話されていたところも、また共感していました。
    面白いページをご紹介頂き、本当にありがとうございます!!
    これからもどうぞお気軽にコメントを頂戴出来れば、幸いです[E:happy01]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください