相模原


相模原
今日は3回からの観戦となりましたが、三宮君の好投が光った試合と言えると思います。
何しろ8回を除き、ピンチらしいピンチもなく、淡々と抑えていました。これで塾高野球部は3試合連続無失点と抜群の安定感を誇り、投手陣は文句の付けようが無い状態となっています。
ただ一つ心配なことは、失点慣れしていないということです。あの東東京の帝京高校もこの大会初失点をしたと思ったらあれよあれよという間に点を取られ、7回コールド負けという結果になりましたから。これから先の試合できっと失点を喫する場面が出て来ると思います。その時に浮き足立たないことが大事です。そのため投手陣も野手陣も失点をした後、平常心を保つことを意識してもらえればと。そのためにも監督、コーチの方々は、次の試合までに口を酸っぱくして、「次の試合で失点するのは当然のことなんだよ。そこからどう対応するかが問題なんだよ。」と言ってあげておいてほしいですね。変な意識はさせないに限ります。
打撃陣は、見ていて本当に真面目な良い子たちなんだなあと思います。もう少し物事を斜に構えて見てみていいんじゃないかなあと。どんな当たりが悪くとも野手のいないところに打球が飛べばヒットになり、どんなに当たりが良くとも野手の正面であればアウトです。なので、相手の守備位置を打つ前に見ておくと、きっといろいろなアイディアが湧いてくると思います。なぜかサードが妙に前進守備をしている時、ファーストがやたらべったりとベースに付いている時、どんなバッティングをするか考えてみるのも面白いですよね。
ちょっと気になったのは8回の攻撃です。この回から投手がアンダースローの投手に代わり、投球練習中もコントロールに苦慮している様子でした。またアンダースローなので、投球時間も長目のようでした。その投手相手に、先頭打者が初球打ちでアウト。続く打者がライト前ヒットで出塁したものの、続くバッターの時、何も仕掛けることなく初球打ちでダブルプレーでした。しつこい ですが「全員が監督みたいなチームは強い」ので、選手ひとりひとりが戦略的な視点を持って、場面場面を見るように意識すれば、このチームはますます強くなるのだと思います。
ちなみに谷田君はなかなか結果が出ていませんが、心配することは無いと思います。スイングも、重心の取り方も悪くないです。ただ対戦する投手のスピードにフィットしていないだけなので、これから先に対戦する投手を考えれば、むしろ変に合わせて後で苦労するより余程いいと思います。ちょうど東大戦の時はタイミングが合っていなかった伊藤君みたいなものだと思うのです。
大学に例えると、三宮君の投球は竹内君にかぶりますね。おお、じゃあ優勝じゃないですか!
これからいよいよ強敵がひしめき合う場所となってきますが、このチームが持っている明るさを武器に、一歩一歩前に進んでいきましょう。頑張れ!塾高野球部。


「相模原」に4件のコメントがあります

  1. 今日は、長崎でFオールスターが。ついこの前まで高校生だったプレイヤーがやっていることに、少しの違和感もありますが、やっぱり少し大人になった顔ですね。堂林くん、見事なホームランでしとた。

  2. 「谷田君はどうですか?」とお尋ねしようと思っていたら
    いいタイミングでコメントがあり助かりました。
    監督のいう「大会後半戦の大噴火」にはこの人の打棒復活は欠かせませんね。
    大学チームは伊藤君の前でチャンスが途切れることがよく見られ
    苦しいリーグ戦でしたが、
    塾高チームは藤本君好調を維持してくれれば、大噴火間違いないでしょう。
    私は25日のみ体が空くくらいで今大会は観戦できずに終わりそうです。
    甲子園でプレーを観れるように祈るばかりです。

  3. 精力的ですねえ。頭が下がります。西東京では大変なことになっているようですよ。私は明日は平塚に行く予定ですが、神宮も観戦してみたい誘惑にかられます。野球もさることながら、スタンドの風景に興味津々です。
    それはそうと瀧本君も見てみたいのですが、今一息なんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください