まだまだこれから!


いやあ~、今日は球場に行けずに残念でした。
ちなみに商談のお相手の建築家の先生は、後で見るとなんと明治出身の方!なんとも不思議なご縁でした。
さて、ここから連勝し、立教も一緒に連勝してくれれば、まだまだ面白い状況です。まずは最初の試合の勝利をイエス・キリスト様にお祈りしましょう。
明日も午前中は左官塗りの現場イベントのところに顔を出さねばならないのですが、今度こそ何とか神宮球場に駆けつけたいものです。
まだまだ面白い状況はこれから!明日も好勝負を期待したいですね。


「まだまだこれから!」に5件のコメントがあります

  1. 読売の電子版には出ていませんが本紙には、
    「振り込みをさせたので鋭い振りが相手の外野を後ろへ
    下がらせた結果のポテンヒットであり偶然ではない」
    と江藤監督のコメントが載っています。
    伊藤君はヒットが出ませんが、特大の犠牲フライ、
    四球の多さ、相手の警戒感からの暴投で
    野村君を倒す原動力になった。
    それも振りの鋭さなんでしょう。
    見ているときはたまには流せばいいのに・・・
    と思いましたが・・・
    高尾君が不調なのは右打ちを意識しすぎて、当てに行っていた・・・それが振りきったのでボテボテでもヒットになった。
    長崎君、右打ちも巧いが、時々引っ張ってサード際を破る。
    狙い球を決めて振りきる・・・
    江藤さんの野村対策はきっと早稲田3本柱にも通用します。

  2. 東都。第一試合、14回。第二試合、13回。はぁ〜二試合で三試合[E:coldsweats01] さて、第三試合は、藤岡と東浜かな?そのあと、あの店でクライマックスもあるし。。。

  3. 文武両道さん
    コメントありがとうございます。
    昨年春のナンバーで「早稲田力」なんて特集がありましたが、その中で斎藤君は「バッターに気持ちよく振らせないこと」をピッチングの要諦に挙げていましたね。つまり迷いながら振っている姿は、投手からすれば恰好のカモになってしまうのでしょうね。
    だからこそ、「狙い球を定めて振り切る」ことが相手へのプレッシャーになるのでしょうね。
    あと1週間、きっと今選手たちが振り込んでいる膨大な量のスイングは、来週の慶早戦で花開いてくれることでしょう[E:happy01]

  4. 黄色と黒は勇気のしるし♪さん
    コメントありがとうございます。
    それにしても東都の混戦振りはすごいですね!
    う~んと・・・、2位の東洋大のみが自力優勝の可能性があって、首位の國學院大と3位の中央大はプレーオフの可能性もあって・・・、う~ん、なんだかよくわからなくなりました[E:coldsweats01]
    とにかく雨と東京六大学の日程に振り回され、こんなすごい日程になってしまっているのでしょうね。ちょっとお気の毒のような気もしますね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください