H27秋季東京六大学野球 対東京大1回戦


今日はお客様の現場案内があったので、遅れての観戦となりました。6回裏で0−0,塾野球部は1安打、東大は2安打と競った試合です。
写真は下記のページをご覧下さい。
http://img.gg/5fG9caw
塾野球部の先発は加藤君、東大は今好調の宮台君で、1安打ピッチングでマウンドを降り、自分が着いたときは柴田君。
_dsc5979
(先発の加藤君)
6回裏 2死から、2四球で2死12塁となり、続く打者に12塁間に痛烈な打球を打たれるも1塁清水翔君がよく捕球。無失点に抑えます。
_dsc5983
(好捕した1塁手の清水翔君)
7回表 谷田君四球、山口君バントで1死2塁、清水翔君セカンドゴロで谷田君は3塁へ、2死3塁から小笠原君はライトファウルフライ。
7回裏 四球即代走、次打者叩きつけた打球はかなり高く上がり、サードが捕球したときは1塁ランナーは2塁に到達したものの、横尾君のフェイント?に走者が不安になり1塁へ戻ってしまい(多分フライアウトと思ったのでしょう)、1死1塁、四球で1死12塁、バントで2死23塁、レフトに痛烈な打球が飛ぶも山口君好捕で、無失点。
_dsc6239_2
_dsc6240
(左翼手山口君の好捕)
8回表 川崎君四球、代打樋口君バントを空振りの後の倒れ込む場所で守備妨害を取られ、アウト。ここで大久保監督が猛抗議。但し一緒になって抗議しようとした樋口君を、彼の顔を見もせず手のみで払ってベンチに返させていたので、実は冷静だということを感じていました。
_dsc6299
(抗議する大久保監督)
ちょっと蠢いた雰囲気を振り払ったのは続く山本泰君。三塁線を破るタイムリー3塁打で待望の先制点を挙げます。落ち着いていない空気を察して早いカウントで打っていたところ、さすがです。1-0。
_dsc6305
(タイムリー三塁打を放つ山本泰君)
続く梅野君は痛烈なセカンドライナー。ここでも山本泰君は飛び出さず2死3塁とクレバーなところを。3塁なので慌てて走り出さなくて良いとわかっていたのでしょう。
_dsc6348
_dsc6350
副将がここまで活躍すると、主将が活躍しないわけにはいかない。大きなファウルを放った後に文句なしのホームランをレフトスタンドにたたき込みます。3−0。
_dsc6381
(ホームランを放つ横尾君)
_dsc6412
(しかし、横尾君と山本泰君はとても仲よさそうですね(*^。^*))
東大はここで投手を川口君に交代。しかし谷田君もこの流れでライトスタンドにホームラン!4−0.横尾君とのアベックホームランはこれで3回目ですが、連続ホームランは多分初めてでは無いでしょうか?
_dsc6418
(ホームランを放つ谷田君)
更に夏のオープン戦で4試合連続ホームランを打っていた山口君もライトスタンドへホームラン!!3者連続ホームランは連盟初だそうです。5−0.
_dsc6489
続く清水翔君はレフトフライでチェンジ。一気に5点を入れ、大量リードを奪いました。
8回裏 この回から投手は三宮君。ショートゴロ(山本泰君ナイススロー!)、三振、三振で三者凡退に抑えます。
_dsc6597
(好投する三宮君)
9回表 小笠原君ライトフライ、代打岩見君サードフライ、三宮君サードゴロでチェンジ。
9回裏 三振の後、代打田口君がレフトスタンドにホームラン!5−1。三振、痛烈な打球がセカンド頭上を襲いますが、倉田君がジャンピングキャッチ!。試合終了で塾野球部が初戦を取りました。
_dsc6813
試合後、3連続ホームランを放った塾野球部のクリーンアップの写真です。
_dsc6837


“H27秋季東京六大学野球 対東京大1回戦” への20件のフィードバック

  1. 宮台君相手に先行されると焦るので加藤君先発だったと思います。
    早稲田も法政も宮台君投げている間は無得点だったので。
    3連発で勝てましたが7回東大にヒット打たれたら負けてました。
    威勢のいい記事はおまけのようなもの
    慶大、史上初の3連発! ドラフト候補の横尾&谷田に3年生山口続く/東京六大学
    8回、本塁打を放つ、慶大・谷田成吾(史上初の3者連続本塁打の二人目)=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
    8回、本塁打を放つ、慶大・谷田成吾(史上初の3者連続本塁打の二人目)=神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】
     東京六大学野球秋季リーグ第4週第1日(3日、慶大5-1東大、神宮)慶大が均衡を破った八回だった。1-0とし、なお2死三塁から3番の横尾が3戦連発となる4号2ランを豪快に左越えに放った。4番の谷田も右越えに一発。さらに5番の山口も2試合連続アーチをライトに打った。90周年を迎えた歴史あるリーグ戦で史上初という3者連続本塁打は、クリーンアップトリオによる快挙だった。
     横尾が「狙っていったら入った」と言えば、谷田は「泳いで打ったら右翼にいった」と涼しい表情で言った。プロ野球のドラフト候補に挙げられる4年生2人の競演を締めくくった3年生の山口は「(自分も)狙っていいのかなと思った。流れは慶応にあった」と先輩に感謝していた。(共同)

  2. 3試合連続本塁打の横尾は「オープン戦から3人とも調子が良かったので、いつもどおりです」と胸を張った。
    日刊スポーツのコメントですが3人がホームランボールを持ち上げる写真が載ってます。

  3. 【六大学】慶大・横尾、谷田、山口で史上初3者連続弾!
    2015年10月3日17時9分 スポーツ報知
    史上初の3者連続アーチを放ち、ホームランボールを手にポーズをとる(左から)横尾、谷田、山口
    史上初の3者連続アーチを放ち、ホームランボールを手にポーズをとる(左から)横尾、谷田、山口
     ◆東京六大学野球第4週第1日 ▽慶大5―1東大(3日・神宮)
     夕暮れの神宮に、歴史的なアーチが次々と描かれた。慶大が3番・横尾俊建三塁手(4年=日大三)、4番・谷田成吾右翼手(4年=慶応)、5番・山口翔大左翼手(3年=桐光学園)による史上初の3者連続アーチが飛び出し、東大に先勝した。
     1点を先制した直後の8回2死三塁、横尾が通算12号となる2ランを左翼席へ。続く谷田が右翼席最前列へ通算14号アーチ。さらに、山口が右翼ポール際に放り込んだ。球場のボルテージは最高潮となった。
     リーグ記録には1イニング3本塁打(1982年秋・早大=慶大戦で広岡、山岡、荒木、2005年春・法大=東大戦で松浦健、金丸、西川)が過去に2度あるが、3者連続は史上初となった。
     横尾は「厳しい試合で1点先制した直後だったので、狙っていったら入った」と言えば、谷田は「横尾のホームランで盛り上がって、誰も見ていなかったので打てました」。偉業に導いた3人目の山口は「2人が打ったので、僕も狙っていいのかなと思って狙いました。(記録は)ありがたいです」。それぞれのホームランボールを手に3人そろって取材に応じ、会心の笑みをこぼしていた。

  4. 送りバントに失敗した樋口君は東大の勉強会に参加していたそうです。
    加藤君を先発させてくれたのは東大の実力を立教、法政以上に観てくれていると東大
    明治は今日の東大戦を全員で観戦、連勝はむつかしいと警戒

  5. チーム最多本塁打20本、現在14本あと6本
    個人最多本塁打7本、現在横尾、谷田4本あと3本
    どちらも抜きそうです

  6. 大久保秀昭監督
    (今日の展開について)秋の東大は失点が少ないとは聞いていましたし、夏のオープン戦でもいい試合をしていたので、先に点数取られて相手に勢いをつけられたら嫌だな、というのがあって、加藤拓を先発にしました。
    ケイスポ
    やっぱり・・・・宮台を意識しての加藤先発

  7. エースと主軸の活躍できょうも白星を挙げた慶大。次戦も勝利を収め、3カード連続の勝ち点を手に入れたい。唯一の不安材料は打線の好不調の波。投手陣の奮投が続くだけに、破壊力抜群の打線がさらにつながりを見せれば、王座奪還はより確実なものになるだろう。
    waseda sports

  8. 七回まで0対0の速報で、実は法政の二の舞を懸念したものでした。それにしても派手にやってくれましたねえ。今年は昭和35年に世相が似ているとの指摘もありますが、東京六大学野球九十年に相応しいハラハラドキドキ試合の連続ですね。

  9. 前日にヤクルトが歓喜した神宮で、慶大が歴史的偉業を達成した。90周年を迎えたリーグで、史上初となる3者連続アーチ。チームは今季6戦で計14発と本塁打を量産しており、口火を切った横尾は「これが今年の慶応。フルスイングを貫いた結果」と胸を張った。
     0―0の8回。山本泰の左翼線適時三塁打で均衡を破ると、2死三塁から3番・横尾が柴田の直球を捉え、3戦連発の4号2ランを左翼席に叩き込む。それを見ていた4番・谷田は、5番・山口に「センター前を狙っていくぞ」と宣言していたが、代わった3番手・川口の初球をフルスイング。右翼席へ4号ソロを放り込んだ。
     ドラフト候補2人の競演に山口は「谷田さん、言ってること違うなと思った」と苦笑いしたが「僕も狙っていいのかな」と発奮した。桐光学園時代は通算18発。今夏のオープン戦でチーム3冠と好調をキープし、今秋レギュラーをつかんだ男は8球目を捉え、右翼席へ2戦連発のソロで続いた。試合後はクリーンアップが並んで取材に応じ、横尾に「絶対にホームラン狙ってると思った」といじられた山口が「おいしいところ持ってった」と応戦するなど、笑顔があふれた。
     これで谷田は歴代14位タイの通算14本塁打で現役最多を更新。横尾も通算12号で、打点を現役トップの61に伸ばした。それでも谷田は「どっちかが打てればそれでいい」と笑った。慶大は現在明大と並んで勝ち点2。3季ぶりのリーグ優勝だけを見据えている。 (松井 いつき)
    スポニチ

  10. 慶大3発で勝ち点3 横尾がリーグタイの4戦連発
    [2015年10月4日14時31分]
    .
    <東京6大学野球:慶大9-3東大>◇第4週第2日◇4日◇神宮
     慶大が3本塁打で打ち勝ち、連勝で勝ち点を3に伸ばした。
     1回に「ヨシノブ2世」谷田成吾外野手(4年=慶応)が、左中間へ満塁本塁打をたたき込んで先制。逆方向への1発に「入るとは思わなかったです。今シーズンの打球の中で、1番だったと思います」と喜んだ。
     2回2死からは、3番横尾俊建内野手(4年=日大三)が、リーグ記録に並ぶ4試合連続本塁打を左翼席に運んだ。リーグ史上3人目の大記録に、「(本塁打を)狙ってました。今日狙わずに、いつ狙うんだという感じです」と豪快に笑った。
     8回には1番山本泰寛内野手(4年=慶応)もソロを放ち、プロ野球志望届けを提出した3人がそろい踏みした。
    日刊スポーツ

  11. 今日は待望の岩見スタメン、清水先発でしたが緊張からかエラー四球、
    清水のあとの小原も力んで四球連発。
    第2戦の不安は残ります。
    4年生の投打のバランスがチームを助けました

  12. 【六大学】慶大・谷田、満塁弾で通算15号 横尾史上3人目4試合連発
    2015年10月4日12時17分 スポーツ報知
    ◆東京六大学野球リーグ第4週第2日 ▽東大―慶大(4日・神宮)
     慶大の最強コンビが見せた。今秋ドラフト1位候補の4番・谷田成吾右翼手(4年=慶応)が1点を追う初回無死満塁から左中間スタンドに満塁弾を放った。2試合連続の一発は今季5号、リーグ歴代12位タイの通算15号となった。
     同じくドラフト候補の3番・横尾俊建三塁手(4年=日大三)も負けていない。4点リードの2回2死で持ち前のフルスイング。打球はぐんぐん伸びて左翼スタンドに吸い込まれた。4試合連発は広沢克己(明大)、田中彰(法大)に続くリーグ史上3人目の快挙となった。

  13. 慶大・横尾、4戦連続弾「狙っていた」 元燕・広沢らの記録に並ぶ/東京六大学
    2回、本塁打を放った、慶大・横尾=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
    2回、本塁打を放った、慶大・横尾=神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】
     東京六大学野球秋季リーグ第4週第2日(4日、東大3-9慶大、神宮)慶大打線の勢いが止まらない。一回に谷田が左中間に満塁本塁打を放つと、二回は横尾が4戦連続の一発を左越えに運んだ。ヤクルトなどで活躍した広沢(明大)らが持つ連続試合本塁打のリーグ記録に並んだ横尾は「強く振れたので入った。狙っていた」と満足そうだった。
     チーム本塁打数も17本に伸び、2004年秋に法大がつくったシーズン記録20本の更新を狙える。主将として引っ張る横尾は「シンプルに強く打つことだけを考えている」と好調の要因を口にした。(共同)

  14. 慶応の左腕はぜひ宮台君のフォームから学んでほしい。
    体が前のめり、突っ込んで低く外れる、
    変化球がすっぽ抜けて高めに浮く
    宮台君は135キロ台だがフォームが安定している。
    加藤君には制球力を求めても仕方がない。
    たとえ無死満塁でも150キロで抑えられるから。
    明治は加藤君より左腕の三宮君を警戒している。
    三宮君は先発で失敗しているが後ろでは昨日今日好投している。
    明治との初戦、東大初戦同様加藤、三宮リレーか。
    明治は上原先発だろう。

  15. 清水洋二郎(法2)
    (初先発どういう気持ちで)最近は少し弱気になっていたので、先発は久しぶりなんですけど、最初から気持ちでどんどんいきました。初回に満塁になって、新人戦でも初回に荒れて満塁になってしまって、結局その試合は1点で抑えてそのまま0でいったんですけど、今日もまた初回から厳しい展開になって、またかっていう感じで投げていました。(初回の無死満塁の場面で大久保監督がマウンドに来ましたが何と)不運な部分もあるので、そこは切り替えて自分のボールを投げようと言われました。(先発を告げられたのはいつ)試合の二時間前くらいで、あれってなりました(笑)。
    ケイスポのインタビューですが、2戦目め先発の課題はまだ続いています。
    明治戦の2戦目はこれから考えると大久保さん

  16. 慶大・横尾、リーグ記録に並ぶ4戦連発!「狙った」/東京六大学
    サンスポ抜粋
     「狙った。きょう狙わなくて、いつ狙います? 先っぽだったけど、強く振れたのでよかった」
     この日の2打点で通算63打点として歴代13位タイ(1位は早大・岡田彰布の81)に浮上。OBの高橋由伸(現巨人)を上回り「何か一つでも超えられてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。
     プロ志望届は提出済みで「何位でもいい、プロで自分を磨きたい」と12球団OK。視察した巨人・山下スカウト部長は「右の長距離打者で本塁打は魅力。秋に調子を上げて記録に並ぶのも何かを持っている」。

  17. サンスポ
    横尾、谷田は既に高校時代から脚光を浴びてきたが、ここにきて、「イケメン遊撃手」として、女性ファンから熱視線を集めているのが、山本泰だ。
     「(前の打席は犠打)とチームの優勝のためにやっています。八回二死で、あの打席も自分がつながないと、次に大学で初めて打席に入る打者に回らないから、と思って振っただけ。真っすぐを(左翼席に)うまく打ててよかった」。山本泰は自分の3号より、次打者へ打席を進めたことを喜んだ。
     大久保監督は「ドラフト候補3人が本塁打で揃い踏みした」と評価し、堅実な守備力と積極的な打撃をスカウトも注目しているが、何より、谷田とファンを二分する甘いマスクで、慶大の女性ファン拡大には大きく貢献している

  18. 慶大・横尾 リーグ記録タイ4戦連発!落合参考にドラフトへ量産
    東京六大学野球 慶大9―3東大 (10月4日 神宮)
    六大学タイ記録の4戦連発の左越え本塁打を放つ横尾
    <慶大・東大>2回、六大学タイ記録の4戦連発の左越え本塁打を放つ横尾
    Photo By スポニチ
     2回戦が行われ、慶大は今秋ドラフト候補の横尾俊建内野手(4年)が、83年春の広沢克己(明大)、04年秋の田中彰(法大)に並ぶリーグ記録の4試合連続本塁打をマークした。チームも3本塁打で東大に9―3で快勝し、勝ち点3で首位に立った。
     2回の第2打席。横尾は1ストライクからフォークをすくい上げ、軽々と左翼席に放り込んだ。リーグ記録に並ぶ4戦連発、歴代16位タイの13号ソロを放った右の大砲は「きょう狙わずに、いつ打つ」と豪快に笑った。
     4回にも左越えの適時二塁打を放ち、この日2打点。現役最多の通算63打点とし、同校OBの高橋(巨人)の62打点を抜いて歴代12位タイに浮上した。2カードを残して5本塁打。法大・田中彰が04年秋にマークした7本塁打のシーズン最多本塁打記録も射程圏内に捉えた。今秋は日大三時代のチームメートだった明大・高山が通算安打記録更新を目前に控えており「僕も新記録を狙いたい」と、次戦で高山と対戦する17日の明大戦でリーグ記録を更新する5試合連続本塁打を宣言した。
     アピールポイントは「足が遅いので本塁打」。3冠王3度の落合博満(現中日GM)らのフォームを研究し「強く振れるスイング」を模索。その中でオリックスの中川隆治アマチュアスカウトグループ長が「長打力は今年のドラフト候補の中では上位」と話す魅力を存分に発揮。「夢」というプロ入りへ最後までアーチを描く。(東尾 洋樹)

  19. 郡司裕也君 第97回全国高校野球(2015/08/14). 中学では地元の少年野球チームで全国優勝を果たしたが、甲子園を目指そうと受験した 慶応(神奈川)に不合格。「あの時が一番の挫折でした」朝日デジタル
    全日本クラスでは上野君が駒大、圧倒的に法政進学多い

  20. 内々情報は外部に出すべきではありませんね。
    春先から試合分析、新人情報など野球部に迷惑だったと
    反省しています。
    管理人さん、御注意ありがとう。
    気づかない先輩で申し訳ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です