平成28年春季東京六大学野球 対明治大2回戦


今日は心配された雨も上がり、過ごしやすい気候の中、試合が行われています。

M 000 510 301 10
K 000 000 000 0

塾野球部の先発は小原大君、明治は水野君。

1回表 四球、バントが投ゴロとなりダブルプレー、セカンドゴロでチェンジ。

1回裏 清水翔君三振、倉田君ショートゴロ、沓掛君センターフライ。

2回表 サードゴロ、三振、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-4
(三振を奪う小原大君)

センター前ヒット、死球で2死12塁、ショートゴロでチェンジ。

JPEGイメージ-928CF54FAF56-1

JPEGイメージ-928CF54FAF56-2
(難しいタイミングのショートゴロをよくさばいた照屋君、清水翔君)

2回裏 山口君四球

JPEGイメージ-928CF54FAF56-6

JPEGイメージ-928CF54FAF56-7

岩見君6−4−3のダブルプレー。

JPEGイメージ-928CF54FAF56-8

JPEGイメージ-928CF54FAF56-9

JPEGイメージ-928CF54FAF56-10

JPEGイメージ-928CF54FAF56-11

柳町君三振。

3回表 四球、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-12

バントで1死2塁。

JPEGイメージ-928CF54FAF56-13

JPEGイメージ-928CF54FAF56-14

JPEGイメージ-928CF54FAF56-15

JPEGイメージ-928CF54FAF56-16

三振、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-17

JPEGイメージ-928CF54FAF56-18

センターフライでチェンジ。

JPEGイメージ-928CF54FAF56-20

JPEGイメージ-928CF54FAF56-21

3回裏 須藤君センター前ヒット、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-22

JPEGイメージ-928CF54FAF56-23

JPEGイメージ-928CF54FAF56-24

JPEGイメージ-928CF54FAF56-25

照屋君スリーバント失敗、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-26

小原大君三振、清水翔君ライトフライ。

4回表 三遊間を破るヒット、四球で無死12塁。ショートゴロで3塁封殺、1死12塁、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-27

JPEGイメージ-928CF54FAF56-28

JPEGイメージ-928CF54FAF56-29

四球で満塁、セカンドフライを落球で1点。

JPEGイメージ-928CF54FAF56-30

なおも満塁。スクイズで0−2.

JPEGイメージ-928CF54FAF56-31

JPEGイメージ-928CF54FAF56-32

なおも2死23塁。四球で満塁、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-33

JPEGイメージ-928CF54FAF56-34

ライト線に2塁打で0−4.

JPEGイメージ-928CF54FAF56-35

JPEGイメージ-928CF54FAF56-36

ショートゴロエラーで0−5.

JPEGイメージ-928CF54FAF56-37

ここで投手が亀井君に交代、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-38

投手ゴロチェンジ。

4回裏 倉田君三振、沓掛君センターフライ、山口君ライトフライ。

5回表 佐野君ライトオーバーホームラン。0−6。セカンドゴロ、ショートゴロ、セカンドゴロ。

5回裏 岩見君サードゴロ、柳町君センターフライ、須藤君1塁ゴロ。

6回表 1塁ゴロ、センターフライ、死球、1塁ゴロ。

6回裏 代打西口君1塁ゴロ、代打重田君センターフライ、清水翔君ライトフライでチェンジ。

7回表 この回から投手藤原君、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-39

山口君が1塁へ、セカンドに小原和君、ショートに宮田君。ライト横2塁打、セカンドゴロ、ライト前ヒットで0−7,レフト前ヒットで1死12塁、左中間の2塁打で0−9.セカンドゴロ、投手ゴロでチェンジ。

7回裏 小原和君センター前ヒット!1年生春で初ヒットです。おめでとうございます!(#^.^#)

JPEGイメージ-928CF54FAF56-40

JPEGイメージ-928CF54FAF56-41

JPEGイメージ-928CF54FAF56-42

JPEGイメージ-928CF54FAF56-43

JPEGイメージ-928CF54FAF56-44

沓掛君ライトフライ、山口君サードフライ、岩見君サード内野安打で2死13塁、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-45

JPEGイメージ-928CF54FAF56-46

JPEGイメージ-928CF54FAF56-47

JPEGイメージ-928CF54FAF56-48

JPEGイメージ-928CF54FAF56-49

柳町君センターフライでチェンジ。

8回表 この回より清水洋君が投手。

JPEGイメージ-928CF54FAF56-50

サードファウルフライ(沓掛君、気迫のスライディングキャッチ!)、三振、ファーストファウルフライで三者凡退に抑えます。

8回裏 須藤君三振、宮田君センターフライ、重田君1塁ゴロでチェンジ。

9回表 ライトフライ、四球、四球、ライト線2塁打で0−10,セカンドゴロ、セカンドゴロでチェンジ。

9回裏 代打内田君三振、小原和君レフトフライ、沓掛君センター前ヒット、

JPEGイメージ-928CF54FAF56-51

JPEGイメージ-928CF54FAF56-52

JPEGイメージ-928CF54FAF56-53

山口君ライトフライで試合終了。今日は完敗でした。

JPEGイメージ-928CF54FAF56-54

今日のターニングポイントは1にも2にも4回表となるでしょう。
四球で無死12塁の場面を作ってしまったこともそうですが、無死12塁からのショートゴロで3塁封殺を狙ったプレーは自分は疑問に思います。ヒットはそれまで2安打しか打たれていないものの、四球が4つと苦労していた場面。安打で無条件に1点を奪われることを恐れるより、アウトをしっかり2つ取る6−4−3のダブルプレーを狙った方が投げやすく、守りやすいと感じました。
また、エラーが出て先制点を与えてしまった直後、内野間の声の掛け合いが殆ど無かったように見えたのもまた反省点だと思います。「エラーしてしまった(>_<)」という雰囲気を引き摺らないためにも、みんなで声を掛け合うことがこういった場面こそ、大事であると思います。そう言えば塾高が神宮大会決勝であれだけぽろぽろエラーをしていてもみんな笑っていて深刻感が出なかったのが、そのまま逆転への流れにつながっていたことを思い出します。 打撃陣は昨日の柳君に完全に軸を崩されてしまっているように感じます。法政戦の時、どの打者も体幹が地面と垂直に立っていて、その軸をぶらさずに振り切っているのを見て、「これがIMG効果か!」と驚愕しました。ところが、昨日の柳君の投げるテンポを巧みに変えて、打者の軸をずらす投球に惑わされて以降、皆さんの軸がどんどん前に傾き、前にスウェーするようになってしまいました。恐るべし、柳君の一人時間差投法。 そう言えば横尾君はどんな時でも同じスイングをしていたように思います。3つ凡退しても4つ目にしとめればいいんだと割り切って、とにかく自分のスイングをすることが大事だと思います。力はみんなあるのだから。 ちょっと良かったと思っているのは、大差が付いた後でもベンチからは懸命にグランドの選手たちを励まそうとする声が出ていたこと。この気持ちはとても大事なことだと思います。 今日しっかり悪い部分をはき出したので、明日はきっと塾野球部の諸君も持てる力を発揮できることでしょう。明日は勝つぞ!慶應!!


“平成28年春季東京六大学野球 対明治大2回戦” への1件のフィードバック

  1. 確かに三塁封殺よりも三塁に残しても併殺を狙った方が良かったかなあと感じましたね。
    あとは、落球。
    勿論、ずっと練習してきているんだから、落とすような球じゃないと思いますが、ランナーに気を取られたかなあ。
    あれで流れが行っちゃったような気がします。まあ倉田くんは今ごろさぞ悔しがっているでしょう。
    落球とスクイズ、辺りまではまだ何とか取り返せるレベルだと思ったのですが、ズルズル行っちゃいましたね。
    照屋くんのエラーだったりバント失敗だったり、「らしくない」感じでした。
    まあ、土曜日も18も三振取られながら、よく負けなかったという話だったかもしれません。
    まだ始まったばかり。十分に立て直せると思いますから、月曜日からの奮起を期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です