平成28年度秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦


W 0 0 0 1 0 0 0 0 0 =1

K 1 0 0 0 0 0 2 0 x =3

W ●小島、柳澤
K ○加藤

この回は仕事の途中からの観戦だったので、五回からになります。

五回表 1-1の同点。俊足の八木君を仕留める沓掛君の好捕&好送球です!

dsc_3207

dsc_3214

dsc_3218

dsc_3219

dsc_3222

五回裏 柳町君一ゴロ、

dsc_3241

加藤君三ゴロ、

dsc_3277

照屋君三振です。

dsc_3303

六回表 四球、中飛、

dsc_3343

dsc_3356

三振、

dsc_3403

dsc_3405

左前で二死一二塁となるも

dsc_3427

dsc_3433

dsc_3434

dsc_3435

三振!無失点に抑えます。

dsc_3472

dsc_3475

dsc_3477

六回裏 沓掛君三振。

dsc_3501

倉田君四球。

dsc_3563

dsc_3566

岩見君四球で一死一二塁と得点圏にランナーを進めますが、

dsc_3619

dsc_3622

dsc_3623

山本瑛君5-4-3のダブルプレー。

dsc_3674

dsc_3678

dsc_3683

dsc_3688

七回表 四球、一塁前バントで一死二塁も、

dsc_3752

dsc_3756

dsc_3757

dsc_3758

三振、

dsc_3796

dsc_3798

三ゴロで無失点に抑えます。

dsc_3829

dsc_3832

dsc_3835

dsc_3837

dsc_3842

七回裏 山口君一塁ゴロ。

dsc_3864

郡司君レフトスタンドへホームラン!2-1と勝ち越します。

dsc_3904

dsc_3909

dsc_3914

dsc_3931

dsc_3937

dsc_3953

dsc_3980

dsc_3904-animation

続く柳町君二塁打、

dsc_3964

dsc_3975

加藤君中前ヒットで一死一三塁、

dsc_3997

dsc_3998

dsc_4002

dsc_4005

dsc_4006

ここで照屋君が初球スクイズ成功!3-1、自身も生き一死一二塁とチャンスは続きます。

dsc_4014

dsc_4018

dsc_4019

dsc_4020

dsc_4022

dsc_4025

dsc_4028

が、沓掛君、倉田君三振でチェンジ。

八回表 三振、

dsc_4105

dsc_4107

dsc_4108

三振、

dsc_4169

dsc_4172

四球、

dsc_4243

dsc_4244

遊ゴロで無失点に抑えます。

dsc_4299

dsc_4305

dsc_4308

dsc_4311

dsc_4313

dsc_4321

八回裏 重田君三振、山本瑛君左前ヒット、

dsc_4422

dsc_4423

dsc_4425

dsc_4428

dsc_4433

dsc_4437

山口君二ゴロで二死二塁、

dsc_4478

dsc_4479

dsc_4485

dsc_4493

郡司君遊ライナー(石井君好捕)

dsc_4550

dsc_4555

九回表 四球、遊ライナーで6-3のダブルプレー、

dsc_4588

dsc_4593

dsc_4595

dsc_4596

三振でゲームセット。3-1で塾野球部が見事初戦勝利をおさめました!

dsc_4650

dsc_4655

dsc_4658

dsc_4661

dsc_4685

dsc_4690

この試合のキーマンは決勝ホームランを放った郡司君を挙げたいです。とは言ってもホームランも勿論貴重だったのですが、何よりキャッチャーとしての視野の広さとリードの巧みさが目立ったように感じたからです。
何しろケイスポでのインタビューで「チーム全体として、できないことをやろうとするのではなくしっかり今までやってきたことを発揮しようと心がけた。非常に良いチームになっている、と感じている。今日は反省という反省はあまりないと思う。しかし牽制の暴投など細かい部分ではあるので、しっかり今日帰ってから詰められる部分を探して詰めようと思う。加藤さんのピッチングは、途中荒れたり力んだりしてしまい崩れてしまった部分もあったが、ピンチになってから気合を入れて要所要所で完璧なピッチングをしてくれたと思う。」とすでに4年生か?と思わせるような達観したコメント。ウェイティングサークルで、先輩だろうと関係無しに積極的にアドバイスを送る姿は、横尾君の1年生の頃を思い出しました。
課題としては、盗塁時の2塁送球が挙げられると思います。どうしても力むのか球が浮く傾向にあります。低くて強い球。ワンバウンドしたとしても、結果的にランナーに素早くタッチできることが多いので、ピッチャーの左肩辺りを的にして、コントロールを磨いて欲しいです。

あとは大きかったのは照屋君のスクイズ。1点差と2点差では大きな違いがありました。ただ、照屋君が打席に入った時、こちらか見ていると容易にスクイズが予想できる場面であの早稲田が易々と決めさせてくれたのは、同じく一年捕手である小藤君の経験の浅さ故でしょうか?

いずれにせよ、初戦を取ったことで、塾野球部としては勝ち点を取りに行く上で大きなアドバンテージが取れた一戦でした(#^.^#)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です