平成28年度秋季東京六大学野球 慶早戦3回戦


W 0 0 0 0 0 0 0 0 0 =0

K 0 0 0 0 0 1 0 0 x =1

W ●二山、北濱、小島
K ○加藤

この試合で、4年生たちの姿を見るのも最後かと思うと、やはり感慨深いです。

dsc_7053

さあ、試合開始です。

一回表 投ゴロ(捕球した山本瑛君はきっと痛かったことでしょう(^^ゞ)、

dsc_7077

dsc_7082

dsc_7086

dsc_7089

三振、

dsc_7129

dsc_7131

四球、盗塁で二死二塁で

dsc_7187

三振に抑え、無失点です。

dsc_7209

dsc_7212

一回裏 沓掛君右飛、

dsc_7228

dsc_7232

倉田君遊飛、

dsc_7244

dsc_7249

dsc_7251

岩見君中前ヒット、

dsc_7285

dsc_7290

dsc_7291

山本瑛君三振でチェンジです。

dsc_7367

二回表 二ゴロ、

dsc_7374

dsc_7376

dsc_7383

dsc_7385

dsc_7388

左飛、

dsc_7401

遊ゴロで三者凡退に抑えます(^O^)v

dsc_7405

dsc_7406

二回裏 山口君左前ヒット、

dsc_7421

dsc_7422

dsc_7432

dsc_7434

郡司君痛烈な打球も三塁木田君好捕、ライナーゲッツー、

dsc_7494

dsc_7495

dsc_7500

dsc_7509

柳町君遊ゴロでチェンジです。

dsc_7543

三回表 投直、

dsc_7550

一塁脇を抜くヒット、

dsc_7597

dsc_7599_1

dsc_7600

三ゴロで走者入れ替え、

dsc_7609

dsc_7611

dsc_7613

dsc_7616

dsc_7618

盗塁で二死二塁も

dsc_7644

dsc_7651

二ゴロに抑えます。

dsc_7680

dsc_7683

dsc_7686

dsc_7688

三回裏 加藤君右飛、照屋君四球、

dsc_7725

dsc_7730

dsc_7731

沓掛君右飛、

dsc_7759

dsc_7763

倉田君の時に盗塁で二死二塁、

dsc_7784_1

dsc_7792_1

dsc_7795

dsc_7800

倉田君は三振でチェンジ。

dsc_7836

四回表 凡退、三ゴロ

dsc_7883

dsc_7884

dsc_7894

dsc_7897

二ゴロで三者凡退に抑えます(^O^)v

dsc_7948

dsc_7951

dsc_7955

dsc_7957

dsc_7959

四回裏 岩見君三振、

dsc_7976

山本瑛君右前ヒット、

dsc_8028

dsc_8039

dsc_8042

山口君左邪飛、郡司君中フライでチェンジ。

dsc_8069

dsc_8074

五回表 中飛、

dsc_8086

三振、

dsc_8117

dsc_8121

三振で三者凡退に抑えます(^O^)v

dsc_8174

dsc_8178

五回裏 柳町君左邪飛、

dsc_8183

dsc_8188

加藤君三ゴロ、

dsc_8212

dsc_8215

dsc_8218

左邪飛(八木君好捕)でチェンジです。

dsc_8236

dsc_8242

dsc_8247

六回表 三振、

dsc_8279

dsc_8282

中飛(柳町君好捕!)、

dsc_8343

左飛(岩見君好捕!!)で三者凡退に抑えます(^O^)v

dsc_8385

dsc_8375

六回裏 沓掛君左飛、倉田君一ゴロ。

dsc_8434

dsc_8439

dsc_8440

ここで岩見君レフトスタンド上段への大ホームラン!1-0となります。

dsc_8481

dsc_8483

dsc_8487

dsc_8502

dsc_8514_1

dsc_8518

dsc_8527

dsc_8534

dsc_8481-animation

山本瑛君中前ヒット、

dsc_8539

dsc_8540

dsc_8544

dsc_8546

dsc_8549

山口君一ゴロでチェンジ。

dsc_8579

dsc_8590

dsc_8599

dsc_8600_1

七回表 三振、

dsc_8635

dsc_8641

一邪飛、

dsc_8689

三振で三者凡退に抑えます(^O^)v

dsc_8730

dsc_8734

dsc_8736

七回裏 郡司君三ゴロ、

dsc_8756

dsc_8764

柳町君二ゴロ、

dsc_8791

dsc_8798

加藤君三振でチェンジ。

dsc_8848

八回表 遊ゴロ、

dsc_8899

dsc_8904

dsc_8905

dsc_8907

左中間二塁打、

dsc_8960

dsc_8965

dsc_8967

右飛、

dsc_8991

dsc_8992

三振で無失点に抑えます。

dsc_9040

dsc_9044

dsc_9045

dsc_9046

八回裏 照屋君二飛、

dsc_9097

dsc_9102

沓掛君遊ゴロ、

dsc_9110

dsc_9114

倉田君二ゴロでチェンジ。

dsc_9121

dsc_9126

九回表 四球、

dsc_9166

dsc_9168

dsc_9170

投前バントで一死二塁、

dsc_9190

dsc_9193

dsc_9195

dsc_9197

dsc_9199

二ゴロで二死三塁、

dsc_9204

dsc_9209

dsc_9214

dsc_9217

三ゴロでゲームセット!

dsc_9236

dsc_9238

dsc_9240

dsc_9244

dsc_9249

塾野球部が1-0の投手戦を制し、見事勝ち点を奪い、リーグ二位で秋季シーズンを終えました。皆様、お疲れ様でした!!

dsc_9252

dsc_9256

dsc_9260

dsc_9266

dsc_9268

dsc_9302

今季を象徴するかのように、エースの加藤君が抑え、主砲の岩見君がホームランを放ち、首位打者の山本瑛君が二安打した試合でした。

この時期は、やはり楽しさと共に寂しさを感じます。今の4年生の慶應のユニフォーム姿はもう見ることが無いと思うと感慨もひとしおです。

なので、やはり一つ言いたい。今年は秋の風物詩だった4年生ブログが急遽無くなったり、ベンチ入り出来なかった選手たちが秋は練習できなくなったりと、ベンチ入り以外の4年生の選手たちの居場所に対する考慮が薄かったように感じます。勝利優先、ベンチ入りを勝ち取れなかった敗者とでもいうのでしょうか?しかし、自分はベンチ入り出来なかった選手は決して勝負に負けた敗者では無いと思います。4年間部活を続けることの出来た勝者の集まりがこの時期の4年生だと思うのです。色々な考えはあるかと思いますが、4年間のご褒美のような時間を取ってまで、一体何が得られたのでしょうか?全くの部外者ながら、ベンチ入りの選手もベンチ入り出来なかった選手たちもこの部に居続けて本当に良かったと思ってもらえればいいのになと思いながら、一連の流れを見ていました。

兎にも角にも4年生の皆さん、本当にお疲れ様でした!皆さんのおかげで神宮球場通いがとても楽しいものとなりました。
これから社会に巣立つわけですが、皆さんの未来に幸多からんことを心よりお祈り申し上げます。


平成28年度秋季東京六大学野球 慶早戦3回戦」への2件のフィードバック

  1. 「ベンチ入り以外の4年生の選手たちの居場所に対する考慮が薄かったように感じます。」

    残念ながら 同感です。
    このような話が伝わってきてしまうと言うのは、悲しかったです。

    1. 学生野球は何を目指すかにもよるのかも知れませんが、勝ちにこだわるとしても配慮は必要だと思うのです。

      また、そこまで勝ちにこだわると宣言するのであれば、優勝出来なかった事に対する自身の責任の取り方をしっかり考えないと、人心は離れていくのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です