へっ?タイヤ交換なし?


野球ネタを書こうと思ったらF1関連で驚くべきニュースが舞い込んできたので・・・。
ピットでのタイヤ交換なし F1来季から規則改定(共同通信)

【サンパウロ22日AP=共同】国際自動車連盟(FIA)は22日、当地でF1シリーズの大幅な規則改定を発表した。
 安全性の向上や、膨れ上がった開発費の抑制を狙ったもので、2005年シーズンから(1)予選から決勝が終わるまで使用できるタイヤは1組だけ(2)今季は1グランプリに1エンジンしか使えなかったが、さらに2グランプリで1エンジンに制限する(3)速度の上がり過ぎを防ぐため、車体の形状に新たな制限を加える--などとなっている。
 特にレースの様子を大きく変えそうなのがタイヤの制限。パンクした場合を除いてピット作業での交換ができなくなり、大勢のスタッフがマシンを取り囲み、スピーディーにタイヤを取り換えるF1ならではの場面が見られなくなる。

いや、エンジンが2.4lの話は聞いていたけど、タイヤを1セットとは・・・。予選~決勝は言うに及ばず決勝中でさえも天候が変更するというのに、1種類のタイヤで本当に大丈夫なんだろうか?開発費(というかレース中の費用)の抑制にはつながるだろうが、安全性は逆に無くなっていないか?
そうするとピットでは燃料給油のみがおこなわれるということか?フェラーリマジック、マクラーレンイリュージョンなのどの言葉は死語になってしまうのか?
確かにコストの圧縮は必要だったんだろうが、そういう方法なのか・・・?
ちょっとどうなるのか想像が付かないですね。
みなさんはどうお考えですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です