一番大切な人は誰ですか?


前に「ご当地ドラマ」として「一番大切な人は誰ですか?(NTV系)」を見ていますと書いたことがあります。
このドラマは久しぶりに宮沢りえ牧瀬里穂の2人が連続ドラマに出演するということで、多少話題になっていたようですが、いつまで経っても何も起こらない展開に視聴者がどんどん離れていき、10月期の連続ドラマは17あるのですが、見事17位!(ビリ)。よくぞここまで視聴率が悪いもんだと感心するほどです。
でも、案外欠かさず見ていたりします。
もちろんご当地であることもあるんですが、テンポのいい会話、その言葉にいろんな意味を含ませている面白さなど、小粋なフレンチドラマ(ってどんなんだかあんまりよく知りませんが)みたいです。先週のみんなで鍋を囲んでいるシーンとか、アトリエ東子でのやりとりとか会話そのものが楽しくて、見ていて聞き取れないと、巻き戻して聞き直したりしています。
また主題の「一番大切な人は誰ですか?」の部分もいいところをとらえていると思います。ドラマの中で岸谷五朗扮する要ちゃんが、「要ちゃんは大切な人がたくさんいるんだよ。でも、みんなに優しくするのは無理だよ。」と言われてる場面は、非常に考えさせられた言葉でした。
でも、確かに万人受けはしませんね。
明日もどんな会話が交わされるのか楽しみです。
たまには直に放送されているときに見たい・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です