WBC 2次ラウンド 日本対韓国戦 雑感


私の会社は第三水曜日はお休みのため、今日はゆっくりWBCをTV観戦、といきたかったのですが仕事があり、出勤はしています。が、車の移動中等で最初と最後を見ることが出来たので、その時に感じたことを少々。
まずは残念でしたね、日本チーム。はまると、とても強いチームなんですが、膠着状態に陥ったときに何とかする部分でまだ課題があるようですね。
1)やはり守備位置は本職でないと。
1回裏に早々に3点取られたシーンです。まず1番打者が出塁した後に、すかさず盗塁を仕掛けます。その時の城島捕手の送球はコントロールされた良いボールでした。が、片岡選手がワンモーション入ってしまい、結果はセーフ。また、その後の無死13塁で3番バッターの打球がセカンドへのゴロ。セカンドが送球したとき、ちょうどランナーとボールが交錯して、一瞬ボールが見えなくなったんでしょう。うまく掴めずピンチを広げてしまいました。
この2つはセカンドとショートのベースへの入り方の違いからきたものだと思います。もちろん普通に投げて捕っては高いレベルで出来ると思いますが、そういった点をもう少し意識してあげられればと思いました。
2)走者は投手にプレッシャーをかけないと。
もしかしたらキューバ戦の2牽制死をことさら責め立ててしまったのかもしれません。今日の日本チームの走塁は、私が見ていた限りでは、全くプレッシャーをかけていませんでしたね。初回の青木選手はともかく、二回の小笠原選手、三回の岩村選手とも全く牽制球を投げられないくらいリードが小さかったみたいですね。確かにクイックの牽制がくせ者でしょうが、あんなに気持ちよく勝負に没頭させてしまうと、なかなか点数は取れないものですね。八回の村田選手が執念で打ったヒットの時も九回の先頭の稲葉選手が出塁した後にも代走を出さないのは、かなり首をかしげていました。
3)右左に余りこだわらない
これは多分どこでも意見が出てきそうですが、やはり8回の岩田投手へのスイッチはいかがなものかと思いましたね。東京ドームでの最初の乱調を実際に見たからかもしれませんが、あそこでいくら左打者とは言え交代はかわいそうだなあと。さらに次の投手の肩がで出来上がっていなかったのか、続く打者にも続投。うーん・・・。
そして押し出しの後に田中投手。結果として抑えたからいいのかもしれませんが、あそこで彼が抑えても試合への影響はさほど大きくない。でも打たれたら、彼は結構これを引きずる。しかも肩が満足に出来ていない状況で。
甲子園ではいつもリリーフ登板でしたから、抑え投手そのものは合っているのかもしれませんが。
また8回表の攻撃で右投手と言うこともあり、片岡選手の時の代打に川崎選手。勿論気合いの入った良い打者ではあるんですが。それよりその時の勢い、相性なんかに気を配った方が。そう言った意味では、8回にキムグアンヒョンをリリーフさせた韓国の監督の采配に唸りました。
4)各々試合前に自分が言ったことに囚われない
原監督「コンディションの悪い選手は使わない」→ラッキボーイの中島選手を発熱が理由からか全く使わない。
城島捕手「ここはレフトが狭くライトが深いので、球場に合わせたリードをする」→右打者から見たときの外角を中心に投げさせる
お二人ともいろいろと考えが合ってのことだとは思いますが、状況は刻々と変化します。自由な発想で今一番効果を上げるにはどんなことがあるかを考えてほしいなあと思います。絶対的な信念を持って場に臨むことは大事ですが、それは心構えの部分であって、行動そのものは融通無碍にしていかないと確率の高い勝負は出来ませんよね。
まあ、後が無いと言えば後が無いですが、それは2次ラウンド以降は常にある状況です。逆に明日キューバに勝てば良いわけですから、崖っぷちを体験できる良い機会として捉え、明日の試合に持てる力を大いに発揮してもらいたいですね。
頑張れ!日本チーム[E:happy01][E:punch]


「WBC 2次ラウンド 日本対韓国戦 雑感」に2件のコメントがあります

  1. 結果、さっき知りました…
    勝負弱い原ジャパンですな。
    指先の繊細な先発投手、やっちまった[E:sign02]
    決勝で勝てれば「金」ですから、今はまだ帰ってこないでクレ、ジャパン!!

  2. げんきさん
    コメントありがとうございます。
    さて、げんきさんの想いもあり、まだ帰ってこなくなりましたね、日本チーム。
    今度こそ勝負強い日本であってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください