5回裏終了


2死から2点取られ、更に12塁のピンチ。打者は4番杉山君。2ストライク後竹内大くんの投じたボール。固唾を飲むスタンド。主審がおもむろにに右手を上げてチェンジ!
4対2で慶應リードです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください