平成29年夏 全国高校野球選手権神奈川大会 対相模原総合高戦


いよいよ今日から慶應義塾高校の夏の高校野球予選が始まりました。

早速平塚球場に駆けつけようとするも、出るのが遅れてしまい、実際の観戦は2回裏から。

先発は渡邊君。

レフトの森野君のスライディングキャッチもあり、無失点に抑えます。

3回表、まだヒットが出ていない塾高打線。1死から渡邊君の一塁ゴロの時、相模総合の1塁手も懸命のダイビングでアウトなど、気持ちの入ったプレーの前にこの回も三者凡退。

すると、3回裏にまず相模総合がチャンスを迎えます。
セカンドゴロの後四球、三振と取りますがまた四球で、2死12塁となります。

マウンドに伝令も行き、意思統一。

しっかりセカンドゴロに抑えます。

得てしてピンチの後にチャンスあり。4回表、2アウトランナー無しから、正木君が四球を選びます。

そしてすぐに盗塁。2死2塁となります。

ここで相手投手が動揺してしまい、突如ストライクが入らなくなり、2死満塁後、押出の四球。意外な形で先制点を奪います。

これで幾分楽になったか、渡邊君の投球がゆったりと投げるようになり、ボールのキレも増したように感じました。4回の裏も三者凡退に抑えます。

5回表、先頭の渡邊君の打順で代打奥村君。死球で塁に出た後、エンドラン崩れのようにも見えましたが、しっかり盗塁を決めます。

バントで1死3塁となってから矢澤君が見事センター前ヒットを放ち、2−0と追加点をあげます。

5回裏からは左腕の生井君。キレの良い速球を軸に三者凡退に抑えます。

6回表は1死から森野君がしぶとくライト前ヒットを放ちますが構造が続かず、無得点。

6回裏は1死後、3ストライク目を寺山君が捕り損ねますが、1塁送球でアウト。

続くショートゴロは綿引君がよく脚を伸ばして、アウト!好プレーが続きます。

7回表 矢澤君が四球で出塁するものの、無得点です。

7回裏 先頭打者を四球で出してしまいますが、ランナーそのままで2アウトまで取り、最後は牽制球で誘い出し、セカンドでアウトを取ります!生井君、ナイス牽制です(#^.^#)

8回表 先頭の正木君がレフト線への2塁打で出塁。

綿引君が犠打で送り、1死3塁。ここで、森野君がしっかりスクイズを決めます。こういった公式戦で決めることは、とても大きな意味がありますね。

8回裏 2死よりランナーを一人出しますが、無失点に抑えます。

9回表 先頭の寺山君が四球で出塁。

生井君のところで代打鞆津君。フルカウントになってからエンドランが続きますが、最後は三振。しかし、寺山君が結果的に盗塁を決めます。

2死後、矢澤君がタイムリーツーベース。なかなかみんなが相手投手の名古君を打ちあぐねている中、矢澤君はタイミングが合っていましたね。

9回裏 代打が出ましたので、この回から投手は渡部君。

先頭打者の打球はセンター頭上へ。これを新美君が後ろに下がりながら、見事ジャンピングキャッチ!

これで渡部君もリズムを掴み、三者凡退に抑え、慶應義塾高校が4−0で見事初戦で勝利を飾りました!

この試合、ぱっと見はなかなか打てず、苦戦したという印象もありかもしれません。

でも自分は、この試合をすることが出来て、本当に良かったなと思いました。
攻撃はただ振り回して凡打を重ねたわけでは無く、相手の投手の調子が良く、しっかりと投げていればそうそう得点を重ねることは出来ません。そういった中で、盗塁や犠打を絡めて得点を奪い取ったり、慶應義塾全般にとって鬼門とも思える(笑)スクイズをしっかり決めることが出来たこと。これは次の試合に繋がる攻撃だったと思います。

投手陣もしっかりと3人が投げ、また守備陣も締まったプレーを随所に見せてくれていました。こういった試合に対する姿勢をきっと野球の神様も見ていると思います。

まずは初戦をしっかり勝利で飾りました。このまま連戦が続きますが、持てる力を出し切って、甲子園への切符を掴んでくれることを祈っています。頑張れ!塾高野球部(^O^)v


“平成29年夏 全国高校野球選手権神奈川大会 対相模原総合高戦” への1件のフィードバック

  1. 森野君のスクイズ成功に拍手です。昨秋宇都宮での前橋育英戦、3点先取してなお1死満塁での場面を目にしていたので。最強の19番下山君が間に合ってよかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です