行くぜ!富士山

相も変わらず拙ブログを放置していました・・・。

あるとき、拙ブログにアップした記事を辿ろうと思い参照しようとしたら、ググっても全く見つからず。おやと思い確認したところ、契約していたレンタルサーバーの定期更新で指定していたクレジットカードの有効時期が更新されておらず、未契約状態。そのまま3ヶ月以上放置してしまっていたので肝を冷やしましたが、レンタルサーバーさんもデーターを消さないでいてくれたので、無事復活出来ました。危ない危ない。

さて、表題の件です。

私は今まで都合2回富士山登山をしています。

1回目は小学六年生の時。その年、うちの母と弟が肺炎で入院してしまい、計画されていた家族旅行が無くなってしまったことを憐れんだ叔父が、富士山登山に誘ってくれました。ご来光を見るために夜9時くらいに五合目から(多分)吉田口から登山開始。途中、余りにも眠くなってしまい山小屋で仮眠させて貰いましたが、無事ご来光も頂上も行く事が出来、とても良い思い出になりました。

2回目は社会人2年目の時。大学時代の友達とその彼女(サークルの後輩でもありました)に誘われて、3人で登山しました。これまた9時くらいに五合目に到着、そのまま吉田口より登山し、頂上にてご来光を見て、ちょっと山頂で眠ってから下山しました。この頃はテニスをやっていたこともあり、体力が有り余るような状況でしたから、まったく苦労も感じず登山しました。

そんな思い出だった富士山登山。あれから26年後の今年、小学六年生の姪っ子とテレビを見ていたとき、テレビでは富士山の山開きのニュース。これを見て昔の思い出が蘇った49歳の叔父さんが、

「オレも小学六年生の時、富士山登山したけど、富士山登ってみる?」

と聞いたところ、姪っ子が

「うん!行く行く。」

との返事。これに付き合う形で彼女の44歳の父(87kg)も登ることに。

自分の感覚ではハイキング気分な感じですが、調べれば調べるほど、脅かされるようなお話しばかり。何より、2回とも行った夜9時から登山で、ご来光を見て当日中に下山というのは、「弾丸ツアー」ということで「絶対ダメ!」とのステッカーがあるほど。スニーカーで登るのも御法度?防寒具は?

8月11日の山の日の昼から登り始め、12日に下山完了する予定ですが、果たしてどうなることやら・・・。

「行くぜ!富士山」に2件のコメントがあります

  1. 楽しみでしょうね!姪っ子さん。
    先日、TVで富士登山のNEWSを放送していました。コロナと高山病と軽装登山者でてんやわんやの大変さでした。(苦笑)
    弾丸は絶対にダメですよね!海外の方が富士山を甘く見て実施しているようですけど。
    とにもかくにも、お気をつけて行ってらしてください。引率するほうがばっててしまっては話になりません。
    機会があればご来光の写真を楽しみにさせて頂きます。

    1. ありがとうございます!
      なかなか普通行くところでは無いと思うので、いい思い出となってくれればと思っています
      そのためにも、まずは自分が無事登山しないと。体調管理に気を付けて今週は過ごしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください