第90回全国高等学校野球選手権記念大会 1回戦 対松商学園戦 観戦記


行ってきました、甲子園!
あの北神奈川大会決勝戦の激闘を勝ち抜いた塾高のメンバーたちは、甲子園で見てもとても逞しかったです。
松商学園も速くしっかりとしたボールを投げるエースとミートポイントがしっかりしている打者のさすが甲子園の常連校といった感じでしたが、試合展開は着実に塾高が点を重ねていくものだっただけに、スタンドも心地よい緊張感の中にも割とどっしりとした感じで見ることが出来たように思えます。
で、スタンドから撮影した塾高の誇るONコンビ(やっと只野くんの背番号が3の意味がわかりました。いくら一桁とは言え、なぜ3だろうかと思っていたので)の写真をどうぞ。
Tamura
田村くんの力感あふれるピッチングフォームですね!
Tadano
しっかりとボールをコントロールしようとする意志が感じられるフィニッシュですね。
そういえば只野くんの連続投球フォーム写真が雑誌に掲載されていました。元中日の与田さんが解説していました。
さて、ほとんどが後から報道で知ったことですが、
1)選抜後はとにかく低く力強い打球を打つ練習をしてきた。凡フライを上げてしまったら、グラウンド1周の罰走をしたりしていたようです。
2)ベースボールマトリクスなるものを作り、30項目程度の数字を相手のみならず、自分たちのチームに対しても作り、それぞれの傾向と対策を立てていたそうです。そうするためにも控えの選手たちが、様々なスカウティングレポートを出していたようです。ひょっとしてこれは慶應式スコアブック以来の快挙ではないでしょうか!
3)ピンチの時にはマウンドに集まり、マインドコントロール、つまり冷静さと集中力を出す作業をやっていました。
つまり塾高野球部はきちっとしたPDCAサイクルを行っていたわけですね!どうりで落ち着いた試合運びをずっとしてきているわけです。
5回が終わり、6-2でリードしていたときに思っていたことがあります。それは、せっかくここまできっちりとした野球をやってきたわけだから、雑な野球はしてほしくないと。勝ったと思って何か雑なプレーをしてしまったチームは、野球の神様はちゃんと見ているので、次の試合で痛い目に遭うことが多いので。
でも塾高野球部はしっかりとした野球を最後まで貫いていましたね。9回のライトのダイビングは何とも言えませんが、攻めている姿勢の表れだと思えば致し方ないのでしょう。あれだけ誠実に野球に取り組んでいれば、次の試合でもちゃんと自分たちの力を出せることでしょう。
敢えて問題点を出すとすれば
1)昨日はダブルプレーによる三人で終わらせた攻撃が1回のみで、後は三者凡退を取ることが出来なかった。テンポを良くするためにも、集中力のメリハリをつけていきたい。
2)5回以降は得点できなかった。軟投型の投手に間が取りづらかったのでしょうか?こういうときこそ、今までの練習通りのことを着実に出来るように。低く強い球を!
3)初球ストライクの確率が余り良くなかった。カウントはとっとと2ストライクまで取れば、自ずと勝負はしやすくなるので、初球は集中です!
せっかく46年の壁を破ったので、ここは勢いに乗って92年の壁も突破していきましょう!
-小話-
今まで甲子園での観戦成績は0勝2敗。周りからおまえが行くから負けるのでは?と言われる始末。これを打破すべく沈思黙考した挙げ句、一つの答えが導き出された。
それは
「寄付金を払っていないからだ!」
確かに甲子園出場の度に、寄付金のお知らせが来ていた。が、忙しいのにかまけて(できればwebバンキングを使いたいので今後は銀行振り込みの口座も開設してほしいっす)前回の2回は払っていなかった。
なので、今回はきっちりと払ってみた。
その結果、勝利[E:shine]
やはり、これだけ楽しませていただいているわけだし、寄付はしっかりしないといけないですね。
これから勝ち進むに従って野球部も大変だし、志のある方は是非寄付を!


“第90回全国高等学校野球選手権記念大会 1回戦 対松商学園戦 観戦記” への3件のフィードバック

  1. さて、明日あのものが公示され、その投票日が確か神奈川では開幕日ですよね。
    塾高も人気がありようで、あちこち練習試合にいっているようですが、関西方面に行った際はぜひといつも思っています。
    http://koshien-stadium.tblog.jp/?day=20100613
    っていうのも、春の際にこんなことが
    http://koshien-stadium.tblog.jp/?day=20100326
    無理とは思いますが。。。

  2. もうひとつ。毎週水曜日は関西版デイリーに高校野球特集が組まれています。つい先月くらいまでは、毎週買っていたのですが購入方法が改定になりまして。
    で、今週の特集は。そうあの彼の同期。
    あの年は、塾高・早実・立教揃い組かと密かに期待してましたが。
    当時の記事
    http://www.rikkyo.ne.jp/web/z4000001/rikkyoniiza/itou/08720.html
    今日のデイリー
    http://www.daily.co.jp/hsbaseball/weekly-special/0003122206.shtml

  3. 黄色と黒は勇気のしるし♪さん
    コメントありがとうございます。
    いつか巨人のキャンプに今やエースの左腕投手が、400勝投手が来訪したのに誰だかわからなかったことが問題になったこともありましたね。
    http://blog.goo.ne.jp/eaglesflyfree/e/c3e87a4a66cdd6930174d5ee4bc48e47
    高校時代だからこそ、甲子園の持つ重みというのをじっくり感じる時間があることはとてもいいことなんでしょうね。パワースポットらしいですし[E:confident]
    立教新座は現役大学生監督が続いていますね。でもその中から岡部君のような素晴らしい投手が育ってきているのですから、そちらの活躍も大いに期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です