平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対立教大 2回戦


今日は天気は良いですが、風がレフト方向に強く吹いています。さあ、昨日の雪辱を!

_dsc1312
(先発の加嶋君)
1回表 二者凡退の後、谷田君がセンター前ヒット、横尾君の時エンドランを仕掛けますがショートライナーで無得点。
1回裏 大城君三振、安田君ライトフライ、岡部君センター前ヒット、寺田君レフト前ヒットで2死12塁となりますが、続く平原君のライナー性の当たりを旭君好捕。無得点。
2回表 藤本君ショートゴロ、植田君三振、牧野君セカンドゴロで無得点。
2回裏 小尾君レフト前ヒット、大塚君レフト線を破る。旭君が処理をもたつく間にホームイン、3塁打。平本君投手ライナー、加嶋君好捕。大澤君の時スクイズ見送りでランナー挟まれ見事封殺。大澤君はサードゴロでチェンジ。0−1となりました。
3回表 手銭君見逃し三振、加嶋君サードライナー、旭君四球で出塁、堀野君ショートゴロ。
3回裏 大城君センター前ヒット、安田君投前犠打で1死2塁。岡部君三振、寺田君レフト前ヒット、二塁ランナーホームを狙いますが旭君の好送球でアウト!無得点。
4回表 谷田君三塁ファウルフライ、横尾君サードライナー、藤本君三振。
4回裏 平原君ショートゴロ、小尾君レフトライナー、大塚君レフトフライ。
5回表 植田君センター前ヒット、代走に梅本君。牧野君バントで二塁へ。代打荒川君死球で一二塁。代打小笠原君のところで立教は澤田君にチェンジ。小笠原君ライトオーバーの二塁打。1−1の同点!旭君ショートゴロで二死。堀野君センターライナーでチェンジ。塾野球部、追いつきました!
5回裏 この回から山田君。平本君、澤田君連続三振。大城君センターライナーでチェンジ。
6回表 谷田君凡退の後横尾君センター前ヒット、藤本君三振の間に横尾君盗塁、二死二塁でしたが松本大君はレフトフライでチェンジ。
6回裏 安田君ファーストライナー、岡部君センターフライ、寺田君、平本君と連続四球とピンチを招きますが、守備陣も適切な声掛けありでライトフライ。無得点に抑えます。
7回表 代打斎藤大君レフト前ヒット、代打山本泰君バント失敗の後セカンドゴロ、安田君好捕もありダブルプレー。小笠原君大塚君の好捕もありレフトフライ。無得点。
7回裏 この回より明君。大塚君、平本君を連続三振、代打二場君をレフトライナーで三者凡退に抑えます。
8回表 旭君ライト前ヒット、堀野君のバントで二塁へ。谷田君ライト前ヒット、三塁ストップで一死一三塁。横尾君死球で満塁。代打渡辺暁真君のショートゴロを一旦ショートが弾き、二塁封殺のみ。2−1と勝ち越し。松本大君ライトスタンドへ3ランホームラン!5−1。明君ショートゴロ。塾野球部が四点のリードを奪いました。
8回裏 大城君三振、安田君レフト前ヒット、岡部君サードファウルフライ、寺田君サードゴロで無得点。
9回表 山本泰君三振、小笠原君振り逃げ、旭君の初球エンドランが決まり、一死一三塁。堀野君の初球、サードランナースタートの構えを見せ一塁ランナーが二塁へ。堀野君は浅いライトフライで三塁帰れず。二死二三塁。谷田君の初球パスボールで6−1.投手が三谷君に交替。谷田君ライト前ヒットで三塁ランナー還り7−1。横尾君サードフライでチェンジ。
9回裏 平原君サードフライ、小尾君ライトフライ、大塚君ライトフライで試合終了!見事塾野球部が7−1で勝利を収めました!
では、感想等を。
1)みんなで戦う姿勢
今日の試合、先ず感じていたのが内野陣の声掛けの多さでした。昨日は自分の印象だと殆ど見られなかった声掛けが今日は色々な人が積極的に声を出していました。特に植田君と松本大君の声出しはよく聞こえましたし、横尾君も積極的にかけていたように見えました。やっぱりみんなで戦う雰囲気がこの試合では出来ていたように思います。
_dsc2342
(6回のピンチの時、内野陣がみんなで集まって確認をしていました。)
2)松本大希君、初本塁打おめでとう!!
この試合を決定づけてくれた松本大希君の写真です。
_dsc2681
_dsc2682
_dsc2683
_dsc2684
_dsc2685
Hr
_dsc2698
_dsc2703
_dsc2704
今までの分も含めて、今年はたくさん打ちましょう!
3)佐藤旭君の好守備と好打
この試合でのターニングポイントは3回の本塁突入阻止のプレーだと思います。
_dsc1784
_dsc1785
_dsc1786
_dsc1787
_dsc1790
_dsc1792
_dsc1800
この場面もそうですし、また打撃でもよく出塁し、貢献していました。大事なところで結果を出せるハートの強い彼にこれからも期待したいですね。
4)小笠原君の活躍
彼も又、大事なところで冷静になる心を持っているようですね。同点打は彼のバットから生まれました。
_dsc2003
_dsc2004
_dsc2005
_dsc2006
_dsc2020
また、捕手としても安定したように見えました。今後に期待したいですね。
5)苦労人投手たちの活躍
今日初勝利をあげた明君、怪我との戦いが長引いた山田君、それぞれナイスピッチ!でした。明日以降も頑張って貰いたいですね。
_dsc2139
(山田君)
_dsc2941
(明君)
6)堀野君の想い
今日の勝ち越しをした場面、堀野君のバントの構えに想いの強さを感じました。見てください、この眼差しの強さ。
_dsc2551
さあ、昨日の試合のイヤな雰囲気を振り払って、今日は勝利を収めました。明日はエースに託しましょう。きっと彼ならやってくれるはずです。


「平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対立教大 2回戦」に10件のコメントがあります

  1. 明君の投球、旭君のしぶとい打撃、小笠原君の澤田打ち、松本君の弾丸ライナーホームランが印象に残った。藤本君はカウントをとりにくる甘いボールを見逃し変化球をカラ振りするパターン。あの場面代打の渡邉君がとにかくバットに当てたから点になった。明日は先発からレフト渡邉君、センター旭君になるか。捕手は打撃も後半のリードもよかった小笠原君か。明日の先発は難しい。白村君はオープン戦からずっと悪い。本人のプライドもあるだろうが、明日は渡邉君から明君、そのあと展開次第で・・・とういうことにしたほうが・・・
    立教の新人2人をリリーフに使いにくくなったのは大きい。斎藤君はほかのチームは打つのに慶應は打てない。あの大きなカーブをとらえられない。

  2. 今日の連投を志願した白村君の責任感は評価したいが、去年の竹内君しかり前半に3失点以上すると負ける。江藤さんはエースは4点とられても代えない。それが去年致命傷になった。去年は明治1回戦までは竹内君だった。それまでの内容では1戦目の先発はもっと早く白村君にしていれば明治戦の無理な白村君の連投はなかったろう。今年はオープン戦からずっと明君の内容が図抜けていた。法政戦は明君初戦先発に切り替えたらと思う。初戦白村君が不調の場合、去年の白村君同様に明君が登板過多となって優勝争いの最後には、絶好調の明君のスタミナ切れとなる可能性がる。明日白村君が快投して杞憂に終わらせてくれればいいが・・・
    先制点をとること、先制点をとられないこと。
    後半勝負に持ち込むため前半引き離されないこと、今年の立教は強い。

  3. しっかり復習させていただきました。
    昨日と違って4点くらいならそれ以上取って勝てそうな気がして見ていましたが、1点に抑えていたので勝機は十分と思っていました。
    是非明日も勝って勢いに乗りたいですね。

  4. 慶応スポーツ、SOーON観戦記
    楽しい記事ありがとう!
    明日勝って下馬評を覆そう!
    今2年前の初戦敗戦した立教戦のVTRを縁起担ぎで観ました。
    あの敗戦から優勝への道が始まりました。

  5. あえて希望スタメン
    (8)佐藤旭
    (4)堀野
    (7)谷田
    (5)横尾
    (3)松本大
    (2)小笠原
    (9)斎藤
    (6)牧野
    (1)渡邉義→白村→明

  6. 日吉のKK決戦とどちらにするか迷ったのですが、先発投手と外野の守備陣を目で確認したくて神宮参戦を決意しました。センター旭君とならないのは昨日のあの場面があるから?いずれにしろ今日は必勝!

  7. http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/15/kiji/K20130415005612720.html
    下田のブルペンで白村君と並んで投げていた明君の投球を捕手の後ろで観ていた江藤さん
    おどけて「白村かと思った。150キロ出てるぞ」
    石垣島にいるはずがB戦のオープン戦にいて・・・
    「調子よかったので飛ばしすぎました。でも開幕には間に合います」
    その通りになった。
    藤本君の守備が不安で「旭をセンターにしろ」の声がオープン戦からずっと・・・
    確かに昨日のスーパープレイは旭君ならでは・・・
    ランナー2塁右打者のときレフト、それ以外センターというわけには・・・
    いずれにせよ旭君以外は外野を打撃優先にすると不安。
    先行して逃げ切りはセンター梅野は当然ですが・・・

  8. 対立教3回戦
    4回裏無死1塁横尾の単独盗塁はありえない。
    思いきりの悪い藤本に思いきり振らせるためのヒットエンドのサインを藤本が見逃した?
    そのあと藤本のツーベースが出ると斎藤から大澤に代わる。するとラッキーボーイの松本に代えて植田、堅守の牧野でリズムの出ていた白村だったのに代打稲垣、2死2、3塁になって手銭に代えて小笠原を予想するもそのまま打たせて点が入らず。
    5回表追い込みながら打たれる2ベース、タイムリー、ホームランの3連打であっという間の3失点、せっかく初回旭、谷田の連打で1点とったのに。そのあと投手に四球を与えて白村、今日も降板。
    加嶋と小笠原のバッテリーに代える。
    前の回に小笠原の代打で点をとれていたら・・・
    5回先頭小笠原ヒット、1点差なら堀野で送りバントだが2点差なので代打北村。2死2.3塁になって大澤をリリーフした澤田から横尾が2塁打2打点、横尾は昨日も澤田から打っていて、このあとは怖がられて2死球。甲子園の大物にはさすがに強い。
    7回澤田から北村ホームランでついに4対3.
    8回好投の加嶋から山形に交代、てっきり明と思っていたが。小笠原は肩もよく盗塁を刺し山形を助ける。8回の山形の打席は代打と思っていたらそのまま打たせる。
    9回先頭バッターのレフト前旭はよく捕球したかに見えたが残念な落球。送りバントのあとストレートがすべて高めに浮き連続四球で満塁。
    ここで明は余りにも気の毒、前進守備の二遊間を抜ける当りそこないのタイムリー、あたりが悪いので2点入った。
    立教は1年の失敗を上級生がカバーして勝利、慶應は下級生の頑張りを4年が台無しにした。投手は下級生は抑え、打者は下級生は打った。
    4年は辛いと思うが、法政戦からは投打とも4年生を外して下級生に思いきりやらせたらどうか?4年は気持ちが入りすぎている。

  9. 土日月で5試合観戦しました。もうへとへとです~
    松本君のホームランははねかえってきたので、審判がちょっと判定するのに時間かかっていましたが、こういう証拠写真があればばっちりですね。
    試合に出ている選手・出れない選手・保護者の気持ちなども知ってしまうと、ホントにハラハラドキドキしながら応援することになります。
    そういえば、進級はしたものの、数学の単位を落とした野球部員がいると聞きました(T_T)
    「最後に勝つのは~慶應だ~」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください